和の森法律事務所 弁護士 瀬戸和宏

親戚が振り込め詐欺にあいました

 正しくは、「あいそうになりました」ですが、私の母から、伯母さんのところが困ったことになっているので相談にのってあげてほしいと連絡がありました。連絡すると、弁護士から孫が相手の女性を妊娠させてしまった。今すぐ、200万円を用意しないと大変なことになる。」と言われ、原宿の駅まで現金を持ってくるように言われたとのことでした。

 私は、それは振り込め詐欺だから、すぐに止めるようにと伝えたのですが、既に、伯父(伯母の夫)が200万円を銀行からおろして、原宿駅に向かっ ているとのことでした。伯父はふだん携帯を所持していないので、伯母の携帯を持って出かけた、しかし、伯母は自分の携帯番号がわからないというのです。何時も連絡を取っているという妹(叔母)に連絡がつき、携帯番号はわかったのですが、伯父は、普段、携帯を持ち歩いていないためか、何度も連絡しても、電話に出てくれませんでした。

 結局、叔母の娘(従姉)が追いかけていって、伯父を見つけ、被害にあうことなく止めることができました。あまりにも身近な者のできごとに、正に、私は大丈夫!なんていうことはないのだと実感した次第です。


 無事解決したことがわかってほっとしていたところ、当事務所に、「そちらはどちらさんですか?」という不審な電話がありました。

 「和の森法律事務所ですが、 失礼ですが、そちら様はどなた様でしょうか?」と聞き直しても、「法律事務所なんですか?そちらには弁護士はいるんですか?」「はい、今は出かけています が、います。」「そちらはどこにあるんですか?」「四谷ですが、そちら様はどなた様でしょうか?」と名乗らない不審な相手にどう話していいか困りつつ答えると、「そちらには本当に弁護士がいるんですか?誰ですか?」としつこく聞いてくるのを、こちらは「まず、そちら様はどなた様ですか?」と聞き返すことを 繰り返した後、「弁護士は、瀬戸和宏です。」と伝えた瞬間、「あー、瀬戸先生ですか?わかりました。こちら四谷警察です。不審な電話が何度もかかってきて いたということで、犯罪に使われた電話番号ということで通知があったので、ご連絡しました。」とのことでした。

 もちろん、この「不審な電話」は、私が、伯 父に連絡しようとして、何度も架けた電話のことです。最後は、笑い話となりましたが、伯父や伯母の学歴や職歴からすると、到底、騙されないだろう、という 人達ですが、孫?の一大事で、大混乱に陥ってしまったのでした。

●住所:

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町3-11
中村ビル2階

●お問い合わせ:

TEL 03-5269-2051

FAX 03-5269-2061

●アクセス:
  • JR・南北線「四ツ谷駅」徒歩約4分
    丸の内線「四ツ谷駅」徒歩約5分